効果・口コミ記事一覧

「ちゅら花」の主な成分といえばクエン酸とアミノ酸です。「ちゅら花」100CCにクエン酸が1,652mg、アミノ酸が3,045mgも含まれています。「ちゅら花」のアミノ酸の内訳は全部で18種類です。全アミノ酸の合計が3,045mgです。そして、疲労回復の成分として広く知られるのがクエン酸とアミノ酸です。ではなぜクエン酸とアミノ酸が疲労回復に効果的な成分といわれるのでしょう?クエン酸とアミノ酸が健康に...

「ちゅら花」はいくら健康に良い酢といっても良い評判ばかりのはずがありません。中には良くないという口コミもあるはずです。良い口コミばかりだと「やらせじゃねえの?」と怪しまれますよね。良い口コミがあれば悪い口コミもある、それが当たり前です。そこで今回は悪い口コミを重点的に調べました。はたしてどんな結果が出るかお楽しみ!

うんちの話なので食事をこれからする方は食後に見てください。便秘で悩んでいる成人日本人は約14%ほどだそうです。特に女性に多い!今回は、便秘がスルリになったのは、健康維持の目的で飲んでいる「ちゅら花」のせいではないかというお話です。信じるか信じないかはあなた次第!ん?どこかで聞いたセリフだな!

クエン酸が主成分の「ちゅら花」でもう一つの主役はアミノ酸ですが、アミノ酸とはどんな働きをしているかご存知ですか?誰もが良く名前を耳にするアミノ酸ですが、体内での役割をあまり知らないのではありませんか?そういえばアミノ酸って何だろう!そこで今回はアミノ酸の体内での働きについてスポットを当ててみました。

「ちゅら花」には身体によい成分が沢山入っていますが、特にクエン酸とアミノ酸が豊富です。特に「ちゅら花」の主成分である天然クエン酸は体内でどのような働きをするのか気になりませんか?私は気になったので調べましたよ!健康オタクで気になる方は必見です!別に健康オタクではないけど気になるわね!